熱狂と平穏の間

前エントリのネガティブ本能についてもっと書こうと思ったら思いのほか長くなったので別エントリにした。

「世界がどんどん悪くなっている」思い込みはそもそも「悪い」の定義をどう扱うかでどうとでも解釈できるので、良し悪しの判断自体が主観による思い込みであると書いた。

けど、それともう一つ、相対的に悪くなったと感じてしまうのは別の何かが「良く」なった結果、そう感じてしまう部分があると思う。

興奮や熱狂と安全や安定はトレードオフになっている場合が多い。

Lv99でスライム狩りをしても安全ではあるが大ボスと戦うときの熱狂は得られない。

ルーチンワークは安定しているが達成感という興奮は得られない。

人がよく「あの頃は良かった」ってノスタルジーを感じるとき、現実としてはどうなっているのか?

それは危険なグレーゾーン地帯が減って白黒明白な安全であり安定した世界が拡がったことの裏返しであると考えている。

世界がより平和で安定してきたからこそノスタルジーを感じてしまうのである。

何故かというと、危険なグレーゾーンのほうが真っ白な安全地帯よりも興奮や熱狂、快楽を得やすいからだ。

健康な精進料理よりジャンキーなファストフードのほうが魅力的なように。

昔のほうが線引が曖昧だった分、グレーな部分が多く、リスクやデメリットはありつつも、その部分でいろんな楽しみが(それに比例する苦しみや悲しみも)生み出された。

しかし、より公平な世界であったり、安心安全を追求した結果、グレーな部分はどんどん白と黒に塗り分けられていき曖昧な部分が減ってしまった。

黒に近いグレーが黒に塗り替えられて、そこの部分を楽しんでいた人の楽しみが消失してしまった。(もちろんそこの部分で苦しんでいた人の苦しみも同時に解消した)

少し前までは生レバーをそのまま美味しく食べることができたが、今は(法律上では)できない。

日本は生レバーを食す快楽を捨てて食中毒で苦しむ人を出さないようにする選択を取った。

そういった消失した楽しみを偲んで、人は「あの頃は良かった」と言うようになるのである。

現在開催中(執筆時)のユーロ2020ではVARを導入して正確な判定を行えるようになっている。

しかし、ゴール後のオフサイド判定によるディレイの発生でゴールを決めた瞬間のカタルシスが感じにくくなってしまっている現実も同時に存在する。

また、球際の激しい接触プレーもより厳密に判断されるようになった。

判定がよりしっかり行われるようになり、昔より公平にスポーツが取り仕切られることになった。

誤判定を減らし安定したジャッジが増えれば良くなることはあっても悪くなるようなことは一見ないように思える。

しかし、判定をめぐる是非が試合を飛び越えて良くも悪くも様々な熱狂やドラマを生み出していたのも事実としてある。

そういった熱狂やドラマをたくさんの人がコンテンツとして消費し、そこから抽出されたエンターテイメントを堪能してきた。(これももちろんその裏には誤判定で苦虫を噛み潰してきた人たちもたくさんいる)

正確さを取り入れると公平や平和が保たれやすくなるが、グレーゾーンをめぐる熱狂や快楽は失われてしまう。

プロ野球のリクエスト判定導入も正確なジャッジが行われるようになる反面、試合の流れが悪くなり間延びした時間を観戦者に押し付けてしまうデメリットがある。

さらに、これもサッカーのときと同じく、プレーの決定的瞬間のカタルシスを著しく毀損してしまう。

線引をはっきりしてグレーゾーンを失くして公正な世界にしていくほどユートピアではなくディストピアに近づいている感がある。

全てが管理されて逸脱のない世界はどちらかといえば『すばらしい新世界』であり『1984』である。

全ての不幸をなくすと、それと同時に全ての快楽もなくなってしまう世界線に到達してしまう。

パチンコやタバコ、ソープはあえてグレーゾーンを残すことで安全や安定を少し棚上げしてでも興奮や熱狂を意図的に残しておこうとする本能的な野生の意志を感じる。

それぞれ白黒はっきりしてしまえば、パチンコは換金が発生している賭博行為だし、タバコは依存度が強く自他共に健康に悪影響を与えるだけの物質だし、ソープもただの売春でしかない。

そう考えると安心安全のためにグレーゾーンをひたすら整地してキレイな白色にするほど、それと同時に人類から快楽も取り上げていってしまう結果になる。

現代社会は公正や安全・安心であることを金科玉条とし、どんどん灰色を白色に塗りつぶしていくことがイデオロギーになってしまっている。

そして灰色から快楽を摂取していた人が白く塗りつぶされた平和な世界を見て「あの頃は良かった」と言ってしまう。

過去が良かったと思えるのは世界がより公正になり安全・安心を築き上げた結果でもある。

Tags: 哲学,

FACTFUL-LESS

少し前に書籍『ファクトフルネス』が流行っていましたが、その当時、読んでもいないのにその本の内容(厳密には本を読んだ人の感想)に対して否定的な感情を抱いていました。

そのことをふと思い出したので今回はその内容について考えます。

当時の評判や目次の内容から中身はおおよそ推測できるので、それをもとに思っていることを書きます。

ちなみに今もこの本は読んでいません。

実際の内容と比べると見当違いのことを書いてある可能性もあるので、そのへんはあしからず。

分断本能 - 「世界は分断されている」という思い込み

それは思い込みではなくて凡夫に学問を布教した結果起きた意図された洗脳です。

そもそも分断は科学的思考のベースです。

科学は基本的に物事を分割して定義するものです。

水は水素と酸素に、四角形は正方形と長方形と平行四辺形・ひし形・台形と分類が分かれるように。

学問は分類を細分化することにより物事を把握しやすくするためのアプローチなのです。

自分たちの利便のために散々分類(分断)を生み出しておきながら、それを思い込みと一蹴されるとマッチポンプ感を感じてしまいます。

アメリカや日本、大阪や東京といった地理的分断も現代人にしか解釈できません。

原始人や犬や猫からすればそんなものは存在しないし、認識もできません。

現生人類だけに許された共同幻想上の概念です。

しかし、現代社会の人間からすれば日本とアメリカを十把一絡げに扱うことは到底できないので、そこで分断が起きるのは仕方ないことだと思います。

これはもう文明のデメリットとして無条件に受け入れるしかないと思います。

ネガティブ本能 - 「世界がどんどん悪くなっている」という思い込み

これは「世界がどんどん悪くなっている」の定義をどうするかの問題です。

なにをもってして「悪い」とするのでしょうか?

その「悪い」と思ったことは本当に世界にとって「悪い」ことなんでしょうか?

最近の若者が軟弱になっているからダメなのでしょうか?

これはただの個人の主観で古代から言い続けれてきたことです。

しかし、現代に至るまでに文明も技術も信じられないぐらい発展しました。

昔からずっと「最近の若者はけしからん」のであればなぜここまで人類は発展してこれたのでしょうか?

現代特有そうな問題に目を向けてみましょう。

少子高齢化が悪いのでしょうか?

世界の人々の幸福度が低いのがダメなのでしょうか?

自然が破壊されて気候変動が起きているから悪くなっているのでしょうか?

世界人口が激減しても一人一人の幸福度が上がれば世界は良くなっているのでしょうか?

自然環境も元の緑あふれる地球が戻ってこれば世界人口が激減していても世界は良くなったと言えるのでしょうか?

極論すれば「世界」を基準にすれば人類を考慮に入れる必要もなく、人類が絶滅しても地球が自然あふれる多種多様な生態系を取り戻せば「世界が良くなった」と言ってしまってもいいのです。

しかし大多数の人は人類がいなくなったら「いいも悪いもクソもないだろ」となるでしょう。

良い悪いのダイコトミー(二元論)の存在自体が思い込みなのです。

あと、人間(生物)は生まれてから死ぬまでひたすら老化し続けるだけですから、主観的には「どんどん悪くなる」認識は現実としては正しいと思います。

直線本能 - 「世界の人口はひたすら増える」という思い込み

あらゆる先進国が少子化問題を抱え、発展途上国であった国々もどんどんと先進国化している現状、「世界の人口はひたすら増える」と思い込んでいる人のほうが少ない気がします。

1970〜90年ぐらいであれば思い込めたでしょうが2021年を迎えた現代では文明発展の岐路に立たされている感が強く単純な直線本能を描きにくいのではないでしょうか。

金融バブルだって過去に何回か弾けているので現在の金融市場の高騰もそのまま上がり続けると考えている人もあまりいない気がします。

そもそも「直線本能自体が存在するのか?」と考えてしまいましたが、ダニングクルーガー効果の成長曲線のような仮説が存在することから逆説的に考えると、人間は直線的に成長すると思い込んでいる前提があるんでしょう。

恐怖本能 - 「実は危険でないことを恐ろしい」と考えてしまう思い込み

リスクがある時点で「危険」なことには変わりありません。

車に乗ってて死ぬより飛行機に乗って死ぬ確率のほうが遥かに低い話は有名ですが、確率が0なわけではありません。

だから「飛行機は怖いから乗りたくない」という意見を否定する気にはなれません。

確率は低いものの実際に事故は起きていますし飛行中に墜落すれば搭乗している人はほぼ100%死にます。

運悪く雷に打たれて死ぬ人もいますし、ただ歩いているだけでコケて水たまりで溺死してしまう人もいます。

次の瞬間に隕石が落ちてきて当たって死ぬ確率も0ではありません。

生きている時点で我々は常に何かしらの死ぬリスクを抱えているので「危険でない」という概念自体が思い込みです。

過大視本能 - 「目の前の数字がいちばん重要」という思い込み

これはその通りだと思います。データアーティストを読んでください。

パターン化本能 「ひとつの例にすべてがあてはまる」という思い込み

これもその通りだと思います。イチブトゼンブを読んでください。

宿命本能 - 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み

これを思い込みと言ってしまうと「予定説」を否定してしまうことになります。

マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を否定するのでしょうか?

ヴェルナー・ゾンバルトの支持者なのでしょうか?

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが「宿命」は社会秩序の形成のためにはある程度必要な概念だと考えます。

社長が従業員の雇用の維持を考えるのは宿命を感じている部分が大きく、パートナーを見つけ子を授かり育てる営みも宿命を感じられるからこそ、人はそのように生きようとします。

また、最近読んだマイケル・サンデルの『実力も運のうち』の内容を踏まえると、全てとは言わないまでもある程度は生まれと環境で決まってしまうのも事実であることが分かります。

単純化本能 - 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み

これも科学的思考のデメリットの産物であるといえます。

細分化しパターン化し、そしてそこから法則や理論を見いだすのが科学です。

そこで見いだされた法則や理論は言うなれば物事の単純化です。

無知の知が存在する時点で科学は全てを解明しているわけではないのですが、とりあえず分かったことを「これはこういう理解とする」と定義するのが科学なのです。

科学はどこまでいっても「一つの切り口による理解」にすぎないし、日々生まれる新たな学説により過去の定義も頻繁に塗り替えられています。

例えば一昔前(今でも)だと、運動やスポーツによる疲労の蓄積を「乳酸がたまる」と表現していました。

しかし最新の学説だと乳酸が疲労物質であることは否定されています。

科学は例えるならば碁盤が無限にあるオセロと同じで、常に白黒が一気に逆転する可能性を秘めているのです。

今日科学的に正しいと言われていることも10年後も正しくあれるとは限りません。

そして単純化本能の否定は科学を懐疑的に見る目を持つことになりますが「科学的」が市民権を得ている現状でこの思い込みを捨てるのは簡単ではないでしょう。

また、一つの理屈が正しいとしても別の視点から見ればその理屈の正しさも危うくなることもあります。

昔書いた話で例えをあげます。

栄養学だけで判断するならいわゆる「完全食」さえ食べていれば十全に思えます。

しかし、摂取した栄養素が全て体に吸収されるわけではないし、腸内細菌のバランスの問題も考えると栄養素だけを考慮するだけでは足りないでしょう。

そこまで考えると栄養学がいくら正しくてもそれだけでは十全でないことが分かります。

結局この項目も長々書いた上に肯定してしまう結果になってしまいました。

犯人捜し本能 - 「だれかを責めれば物事は解決する」という思い込み

これもまぁその通りだと思うのですが、責めただけで物事が解決するなんて別にみんな本気では思っていないと思います。

「やり場のない怒り」というものがありますが感情が発生すればその感情を発散する必要がでてきます。

例えば被告人に息子を殺された親が死刑を求刑して、実際に被告人が死刑になったとしても死んだ息子は帰ってこないし物事は解決しません。

しかし被害者の気持ちの整理をつけるために犯人を責めることを否定することはできません。

しかも犯人の生い立ちを紐解いてみると「人を殺してしまう衝動に駆られても仕方ない」人生を歩んできた可能性もあり、そうなるとその衝動を植え付けた環境が真の元凶ということになります。

そうやって過去を紐解いていくと「だれかを責めれば物事は解決する」というのは思い込みになりますし、紐解くほど責める対象があやふやになっていきます。

しかし、実際に息子を殺された親が「犯人を責めても物事は解決しないよ」と言われても到底納得できるわけがありません。

混迷を極める中東問題も別の宗派を責めたところで問題は解決しないのはみんな分かっていますが、それぞれの宗派は自分たちが正しいという主張は絶対に譲れないですから永遠に問題は解決することはないでしょう。

人間はなにか問題が起きたとき、なにかに責任を求めずにはいられない生き物なのです。

焦り本能 - 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

去年起きたトイレットペーパー品薄事件を思い出してください。

原料の輸入が減って生産量が下がって品薄になるというデマが流れました。

実際はそんなことはなくトイレットペーパーの供給量は普段どおりでした。

しかし、現実ではあらゆるスーパーや薬局、コンビニからきれいにトイレットペーパーが消失しました。

ファクトで判断すると商品の流通量は変わらないのですから「いますぐ手を打たないと大変なこと」にはならないはずです。

しかし現実は「大変なこと」になりました。

「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込みが「いますぐ手を打たないと大変なことになる」を具現化させたのです。

自宅トイレのトイレットペーパーが残り少ない人だと「今すぐ手を打たないと」本当に「大変なことになった」のです。

自分もそれほどトイレットペーパーのストックがあったわけではないので、あらゆるお店からトイレットペーパーが消失したのを目の当たりにしてかなり焦りました。

この例から焦り本能を思い込みとして切り捨てることにもリスクがあることが分かります。


「世界を正しく見る」という概念自体が欺瞞なのです。

人にとって世界とは自分自身と自分の周りが全てであり、その外にあるものは「世界」ではないのです。

99%がそうであっても1%が違っていて、その1%の当事者が自分だとすれば周りがいくら「世界は99%だよ」といっても自分にとってのファクトは1%のほうなのです。

工場倉庫にどれだけ潤沢にトイレットペーパーがあったとしても自宅のトイレにトイレットペーパーがなければおしりを拭くことはできないのです。

Tag:

読後感

少し前に人々が消費しているのはコンテツではなくコンテキストである話を書きました。

そこから派生して読書にはいくつかの消費パターンがあることに気づきました。

まず1つはコンテンツの消費としての読書。

小説を読んで面白いと感じる体験がこれに当たります。

エンターテイメントを楽しむ行為と同類です。

次に知識を取得するための読書。

参考書や技術書などを読んで勉強する行為がこれに当たります。

ルポルタージュやノンフィクション物を読んで新しい物事を知ることもこれに当たります。

そしてもう一つ、コンテキストの消費としての読書が存在します。

これは知識習得の仮面を被ったコンテンツ消費型の読書です。

これはどういうことなのか?

読み手側は知識の習得のために読書をしますが、結果として得られるのが「分かった気になった」という読後感だけで特に知識は身につかずコンテンツを消費しただけの結果となる読書です。

読者の頭の中で起きていることは、新しい知識の習得ではなく著者の持つ世界観をコンテキストとして植え付けられているだけなのです。

ほとんどのビジネス書はこれに当たります。

なんだったら「コンテンツ消費型」であればあるほど良いビジネス書だと言っても過言ではありません。

何故かというと、純粋な知識習得型の本だと読んでもつまらないし内容が難しすぎると読者が理解できないからです。

ビジネス書も売れてなんぼの商品の一部ですからエンターテイメントとしての価値を求められます。

そこで大事なのは読者(消費者)の満足度になります。

知識をそのまま開陳するよりも小説と同じように読み手が求めるような世界観を著者が演出するほうが読みやすいし売れるのです。

読者の満足度は知識の習得度に比例しません。

どれだけ良質な情報を本に載せたとしても読みにくくて分かりにくければ読者は評価しません。

そもそも読んで理解できない本は評価できません。

例えば私が『死霊』を読んでも全く理解できないし面白くもないですが吉本隆明が読めばそれなりに理解し内容を汲み取ることができます。

さらに例えると、ホリエモンの『多動力』と網野善彦の『日本の歴史をよみなおす(全)』の2冊があった場合、ほとんどの人はホリエモンの本を高く評価すると思います。

それ以前に後者の本はほとんどの人は読みもしないでしょう。

自分は両書とも読みましたが新しい視座を与えてくれたという点で中身が優れているのは圧倒的に網野さんの本だと思います。

何を持ってして「良書」とするかは主観があるので究極的にはなんともいえないのですが、自分としては網野さんの本のほうが読み応えがありました。

ビジネス本などの薄くて読みやすい本は分かった気になれるようにできています。

しかし、古典や厚めの文庫本などは分かった気になるどころか書いてある内容が難しく、文体も読みにくいのでいまいち飲み込めません。

読み進めても頭の中で整理がつかないですし、不快な澱が頭の中に残り続けるような感覚があると思います。

そしてその不快感を残したまま特に明確な解答もなく本の内容は終わってしまいます。

自分が最近読んだ本で挙げるなら『野生の思考』のような本です。

読後感だけで評価するなら圧倒的にホリエモンの本が良いでしょう。

人々は勉強や自己研鑽という大義名分を掲げて読書をするものの、その結果得るものは娯楽としての「コンテンツの消費」なのです。

純粋な勉強はほとんどの人にとってはただの苦痛ですからコンテンツを消費して楽しく読書体験がしたくなるのはしょうがありません。

水は低きに流れるのです。

コンテキスト消費型読書の説明をするはずがビジネス書をひたすらディスる内容になってしまいましたが、その説明の途中で「分かりにくくて明確な解答のない本」が登場しました。

コンテキスト消費型には実はもう一つのパターンが存在します。

書籍の内容を自分なりに解釈して自分オリジナルのコンテキストを築き上げる読書です。

いわゆる「自分の考えを持つ」にはこのパターンの読書ができないといけません。

そういったわけで最後のパターンとして哲学型の読書があります。

これは読書の結果、アウフヘーベンを生み、自分独自の思考を身につける読書です。

コンテンツの消費か知識を習得した結果、自分の頭の中で化学反応を起こし新しい発想を得る読書です。

このブログに書き連ねていることは自分がいろんな知識や経験をもとにしていろいろ考えた結果のアウトプットです。

野生の思考』は読みにくくて内容が難しいですが野生のプログラミングを書く衝動と思考の種を自分に与えてくれました。

こういった読んだ後で、本の内容を反芻しながらいろんなことを考えることができるのが哲学型読書になります。

最後にまとめると読後感による読書パターンは以下のように分けられます。

  • コンテンツ消費型(読んで楽しい)
  • 知識習得型(いわゆる勉強)
  • コンテキスト消費型(分かったつもり読書)
  • 哲学型(新しい思考の種としての読書)

自分が読書した後にどのパターンの読後感になっているかを意識するとあなたの読書生活がより生産的なものになるでしょう、たぶん。

Tags: , 哲学

More entries ...