技術的遺産相続人

システム開発において技術的負債は有名な概念です。

技術的負債とは目先の利便を優先することと引き換えに発生するシステム全般に対する複雑性のことです。

すぐには価値を生まなくても将来的に活きるであろう労力を今現在の問題に対して前借りして消費することから、お金の借金になぞらえて生まれた言葉です。

雑に早く終わらせるか、丁寧に時間をかけるか、を天秤にかけて前者を選択することです。

当ブログでも不正確さは他人の仕事を増やすで、雑な仕事で生まれたコミュニケーションエラーが負債として溜まり、それが複利によって膨らんでいき、後々の仕事量が増加していくさまを図解を用いて解説しました。

私個人的にはそこから派生して生まれた言葉である「技術的連帯保証人」が、業界で働く人の目に見えない苦悩を端的に表していて気に入っています。

技術的負債そのものは別に悪いものではありません。

借金をしてでも今その瞬間に手に入れなければならないタイミングは長い人生の中で何回か発生することもあるでしょう。

クレカの利用やローンを組むことも負債ですが、それ自体はとても便利で人々の生活を支えています。

借金をした人が借金を返済をするのであればなんの問題もないと思います。

ただ日本には連帯保証人という悪魔の制度があります。

連帯保証人になってしまえば借金をした本人ではないにもかかわらず、債務返済の義務が発生してしまいます。

ただし、連帯保証人は契約書に判を押さないかぎり債務を引き受けることはありません。

ひるがえって、技術的連帯保証人は負債を作った本人やその債務を引き受けた本人の自覚なく、その責を負うことになるのです。

技術的連帯保証人の一番恐ろしいところは往々にして、負債により金を引き出した人は評価を受け、負債の返済に当てられた人は評価を受けづらいところです。

借金を作った人は引き出したお金の価値をまるまるせしめることができ、連帯保証人になった人はただただ身に覚えのない借金を返済させられ続けて疲弊していくのです。

開発初期の負債を積み上げる人は0→1の仕事なので成果物が目に見えやすく、負債を積み上げていても、それを気にする人はほとんどいません。

急成長しているベンチャー企業の売上が爆増していれば会社の抱える負債にあまり目を向けなくなるのと同じです。

ところが、負債を返済するステージになると何故か負債を積み上げた人はいなくなり、新しく加入した人が1→1の仕事に対処することになるので成果が見えづらくなります。

会社の売上が鈍化してキャッシュフローの対策を打たなければならない段で、生産性よりも負債の対策をやらざるをえなくなり、いくら頑張っても株主の機嫌を損ねてしまうのに似ています。

評価される仕事よりも評価されない仕事の方を頑張るような奇特な人は世の中にはほとんどいません。

そういった人間の性(さが)からシステムの技術的負債はこの世から永遠に解消されることはないのです。

技術的負債の問題が見える化され、それに対応するために様々な取り組みが生まれましたが、技術的負債は依然、世界に蔓延っているように思えます。

むしろ、新しいプロジェクトに移るたびに、なにかしらの技術的負債を目の当たりにします。

実は技術的負債の真の問題は、人の入れ替わりによる連帯保証人の召喚システムにあります。

技術的負債が悪なのではなく技術的連帯保証人が悪なのです。

IT業界は人員の入れ替えが激しい業界です。

業務系や基幹系の大きいシステムは、開発や運用する人を外部の請負や派遣の人でやりくりしている影響で人員の入れ替えが日常茶飯事です。

Web系やベンチャー系もビジネス環境が日進月歩で目まぐるしく変わる影響でやはり人の入れ替えが激しいです。

よって、システム開発は基本的に目先の対応を優先するほど技術的負債が積み上がり、技術的連帯保証人の数珠つなぎが発生し、破産(致命的なインシデント)が詰まった実弾の入ったロシアンルーレットとなるのです。

作業者は長期的な視点を持つことよりも目先のタスクを片付けるほうが評価されますし、人が入れ替わるごとにコミュニケーションの断絶が発生するのでシステムの複雑性は上がる一方です。

ゆりかごから墓場まで同じ人が一貫して作業を行うなら、長期的な視点も持てるしコミュニケーションの断絶も発生せず連帯保証人も不要なので、そもそも技術的負債が問題になることもありません。

もしダメだったとしても、その人が自己破産するだけで他人に害が及ぶこともありません。

よって「技術的負債をどうすれば減らせるか?」問題の最大の答えは「人を入れ替えない」となります。

人の入れ替わりが発生する時点で、どうあがいても技術的負債は発生するし、それを引き継ぐ連帯保証人も発生します。

逆に、技術的連帯保証人がいなければ技術的負債がいくら発生しようと苦しむのは本人だけなので技術的負債が大々的に問題になることはありません。

よって、技術的負債の真の問題は技術的連帯保証人を生むことにあります。

技術的負債の対策は技術的連帯保証人を無くすことです。

とはいえ、現実問題として、流動的なこの業界で人の入れ替えを無くすことは不可能に近いでしょう。

ですので、技術的負債の概念を逆手に取って、「技術的遺産」という概念を提唱したいです。

負債ではなく財産を残すことができれば、技術的連帯保証人ではなく技術的遺産相続人としてバトンを渡すことができます。

雑にやることが負債を発生させるのであれば、逆の見方をすれば、丁寧にやれば貯金を積み立てられることになるのです。

サーバントリーダーシップに則り仕事を遂行すれば負債ではなくむしろ財産が増えるはずです。

豊富なドキュメント、網羅的なテスト、リファクタリングされたリーダブルコード、それらは将来的に入れ替わった人を助ける財産になります。

さらに、このような遺産は人の入れ替わりが激しいほど、システムが歴史を重ねるごとに利子が積み重なって、より人々を助けるようになります。

技術的負債は人を苦しめますが技術的遺産は人を助けます。

前述のとおり、人の入れ替わりは前提条件のようなものですから、可能なかぎり負債ではなく財産を残すような仕事を行うべきです。

短期的には良くても長期的になってくると、借金にしろ貯金にしろ利子が発生し、複利が絡んで雪だるま式に増えていきます。

負債を背負って利子の支払いに追われるか、貯金をしておいて利息の恩恵を受け取るかで、将来的なシステム運用の難易度が全然違ってきます。

そう考えるのであれば、システムを長く運用していきたいのであれば技術的財産を蓄えておくべきです。

しかし、最初の方で説明したとおり、現在のキャッシュフローだけを見て作業者を評価をしてしまうので、負債を発生させたとしてもキャッシュ(目に見える成果)を作った人がやはり評価されます。

システムにおいても損益計算(P/L)だけでなくバランスシート(BS)を用いて、資本と負債の状況も加味した上で人を評価できれば、キャッシュは生み出していなくとも資本を積み立てている人として再評価することが可能になります。

技術的負債に立ち向かうには、方法論よりも人の評価基準を変える必要があったのです。

上記のように多元的な指標で人を評価し、負債の増加を抑え、資産を増やしていくことが技術的負債に対する最大の対策であるといえます。

入れ替わった人が技術的連帯保証人ではなく、技術的遺産相続人になるような仕事ができる環境を整備するのが長期的なシステム運用において一番大事なこととなるでしょう。

現場をただ俯瞰しただけでは、キャッシングやリボ払いで上げた成果は目立ちますが、借金の利子で苦しむ人の苦しみは目に見えません。

目立つ成果だけを評価し続ければ、キャッシングは永遠と繰り返され、借金の返済は滞り、破産への道を突き進むことになるでしょう。

インフラおじさんサーバントリーダシップのような地味で目立たないいぶし銀のような仕事を評価することが技術的負債に対抗できる最大の兵器となるのです。

技術的負債ではなく技術的遺産が残るようになれば、入れ替わった人が利子で苦しむのではなく利息で楽ができるようになるのです。

Tags: プログラミング, 仕事

快楽と抑制

快楽の対義語といえば何が思い浮かぶでしょうか?

苦悩や苦痛、苦難などの言葉が浮かぶと思います。

「心地よくて楽しい」の逆ですから「苦しくてつらい」となるでしょう。

この2つは相反する概念であり、別物として扱うのが普通です。

SMなどの特殊な状況でない限りは「痛いことが快楽」といった二律背反をぶち壊すようなことはないはずです。

普通は心地よくて楽しい状態と、苦しくてつらい状態は同居しません。

楽しいときは楽しいし、苦しいときは苦しいだけです。

しかし、ここに因果律や時間の概念を導入すると「苦痛を耐え忍んだ後の快楽」や「快楽ゆえの苦悩」といった少し複雑な状況を作り出します。

4年に一度訪れるカタルシスのチャンスのために、それまでの期間はひたすら苦行を耐え抜いたり、たくさんの幸運や大きい幸運が訪れるとその反動で将来の不運を憂いて苦しむこともあります。

宝くじで大金を手に入れてもハッピーエンディングとはならずに、意外とその後の人生に苦しむ人が多くいます。

ガチャでSSRをたくさん引き当てて快楽を貪っても、それで借金地獄になれば、その後の人生は苦難の連続でしょう。

今現在が快楽や苦悩の状態だとしても、それがその後訪れる苦悩や快楽の種になる場合もあります。

ですので、ある瞬間を切り取って、その人が「楽しそうで素晴らしい」とか「苦しんでいてかわいそう」と簡単に決めつけることはできません。

ここまでは「そりゃそうだろ」という当たり前の話です。

今回お話したいのは快楽が存在する故に発生する苦痛のお話です。

先ほど挙げた例(宝くじやガチャ)だと、快楽の後の苦難は自分の欲望に負けたことによる因果応報で自業自得だろ、と思われると思います。

しかし、世の中には快楽と苦悩が切り離せないセットになっているものもあります。

その最たるものが男性の性欲です。

生物的な機能として男は射精さえすれば、いつでもどこでも気軽に快楽を得ることが可能です。

しかし、人間は文明を築いた社会的な生き物です。

四六時中いつでもどこでも射精できるわけではないですし、女性と接するたびに性欲を剥き出しにすることは許されません。

性欲という快楽の種は常に持ちつつも、それを開放するタイミングは慎重に見極めなければなりません。

いってみれば世のすべての男性は性欲のコントロールという抑制と常に戦っている状態でもあるのです。

また、イケメンではなく非モテの人となると、性欲を開放できる機会も少なくなり、より抑制による負荷が高い生活になります。

頭の中では「ヤリてー」と思っていても現実では爽やかな笑顔とともに「こんばんは、今宵も月が綺麗ですね」と性欲をさとられないように対応する必要があります。

こういった日常の抑制がチリツモしていき、その反動が某掲示板や某SNSの一部分で罵詈雑言として爆発してしまうのです。

快楽を抑制し続けるにもそれなりのストレスが伴います。

例えば、自宅にスイーツが無限に取り出せる魔法の冷蔵庫があったとしても、現実問題として「それ最高じゃん」とは簡単にはなりません。

食欲の赴くままに任せて永遠とスイーツを食べ続ければ、いつかは体に不調をきたしてしまいますし、その前に太ってしまいます。

ですので、無限にスイーツが食べれる環境であったとしても、自分の健康を保つためにはスイーツ以外の食べ物も摂取する必要があり、バランスの良い食事を心がけねばなりません。

最悪、ドクターストップになって全くスイーツを食べれない状況になってしまう可能性もあります。

欲望としては無限に食べたくても現実としては抑制が必要になってきます。

欲望を我慢することは即ち苦悩です。

欲望があり、それを叶える装置が現実に存在していても、それを100%活かすことは生体機能上、許されていないのです。

快楽を感じる機能を実装しておきながら、現実ではその快楽を手放しに完全に満たすことは不可能なのです。

むしろ快楽を抑圧するための苦痛を味わうために快楽が存在しているといっても過言ではありません。

これこそがこの世が一切皆苦であることの証左です。

すみません、話が飛躍しすぎました。

快楽が存在するからといって、それが無条件に喜ばしいものとは限らないわけです。

快楽を抑制するためにもそれなりの苦悩が発生しており、その苦悩は快楽の影に隠れて見えにくくなっている分、より人を苦しめるのです。

コロナ禍を経験している真っ只中、人類の一番の敵になっているのは、なによりも快楽を抑制し続けなければいけない苦悩なのではないでしょうか。

Tag: 哲学

メタ認知保険

人権や反差別のリベラル思想が昔に比べて強くなっています。

平等の実現や多様性の許容に関する有言無言の圧力が全人類にかかって久しい昨今です。

昔では許されていたことが「今の時代にそれは許されない」ということで、様々な言葉や行動に制約が課せられてきました。

マスター・スレイブはプライマリ・レプリカに言い換えられ、子供が悪さをしても簡単にゲンコツを浴びせることもできなくなりました。

さらにその上に、昔はあまり気にしていなかったマイノリティーに対する配慮も必要になりました。

人種だけにとどまらず、LGBTや境界性人格障害など様々なマイノリティーが定義され、その数だけ配慮の必要性がでてきました。

あらゆる方面に配慮を求められる現代社会ですから、少しでも気を抜いて不用意な行動や発言をしてしまえば、インターネット上で瞬く間に炎上し、庶民のエンターテインメントの肥やしになってしまいます。

そんな現代社会の抑止力として、意味の解釈範囲が広い言葉が近年多く使われるようになってきました。

「すごい」「やばい」「かわいい」などがその代表例です。

「やばくね?」「まじやばい」などのやり取りだけで会話が済まされるさまを「最近の若者はボキャブラリーが貧弱」などと嘆く風潮もありますが、これはインフレしつつある配慮をすり抜けるための野生の思考の結果だと私は考えます。

言葉の解釈範囲が広ければ、その言葉の意味は受け手側に委ねることができ、発言者の責任を有耶無耶にできるのです。

言葉の持つ隠喩性(メタファー)を利用し、その認知を他人に委ねることで解釈(言葉の意味)に保険をかけることができることから、この抑止力の概念を“メタ認知保険“と名付けてタイトルにしました。

近年登場した解釈範囲の広い言葉としてまず浮かぶのが「エモい」です。

喜怒哀楽に代表されるように感情表現に関する言葉はたくさんありますが、そのすべての心の動きを代弁できる懐の深さを持ち合わせています。

エモいの語源は多分英語のEmotionalからきていると思いますが、その意味は「感情的な」です。

よって意味的には「感情が動いた」ぐらいの意味でしょう。

感動しても使えるし、嬉しい気持ちでも使えるし、同情したくなるような気持ちでも使えるでしょう。

感情が動いたことだけを表明して、その詳細には言及しません。

「悲しいのか感動したのかくらいはっきりさせろよ」と思うかもしれませんが、このどうとでも解釈できる部分にメタ認知保険の抑止力としての強さがあります。

多様性がインフレーションしている現代では周りにいる人の環境や場面によって自分が「楽しい」と感じても、それがその場ではそぐわない、といったケースもでてきます。

そこで解釈度の高い「エモい」を使っておけば、自分と他人の解釈が多少違っていても特にコミュニケーションに齟齬を起こすことなくやりとりができます。

あえて意味をあやふやにしておくことで、平等に対する配慮も多様性に対する配慮も実現することができます。

「ヤバい」はもっとヤバいです。

一昔前ではダメなシチュエーションでしか使用しませんでしたが、今では「最高に素晴らしい」の意味でも使用できます。

悪かろうが良かろうがどちらでも「ヤバい」で表現できます。

これはほんとにヤバいです。

上記の文もヤバいという言葉がとても素晴らしいという意味でも通じるし、危険だな、という意味でも通じます。

現にその両方の意味を込めて「ヤバい」という言葉を使っています。

メタ認知保険としては最高の言葉です。

しかし、意思疎通の精度としてみれば「危険」でもあるのです。

「かわいい」という言葉もネガティブな要素を強制的にポジティブな意味に塗り替えてくれる力強さがあります。

「かわいい」の解釈は客観的な指標ではなく主観に全て委ねられています。

自分自身が「かわいい」と思っていれば他の第三者の主観を差し置いて「かわいい」と表明していいのです。

爬虫類好きの人が家で飼っている蛇に対して「かわいい」と言うのは何も不自然ではありません。

しかし、自分は爬虫類が苦手なので蛇に対して「かわいい」とは到底思うことができません。

「かわいい」は他人がそう思っていなくても自分がそう思っていれば堂々と使うことができる、解釈範囲を自分で定義していい便利な言葉です。

こちらは、言葉の持つ隠喩性(メタファー)を利用し、その認知を自分に束縛することで相手にそもそも意味を解釈をさせないようにし、リスク自体を打ち消すタイプの保険です。

そして、メタ認知保険の究極形態が絵文字です。

もう語彙がどうのこうのではなく「そもそも言葉を使う必要なくね?」の境地です。

言葉より絵のほうが抽象度は高いですから当然の帰結です。

近年発達した絵文字文化も今まで書いてきた内容を踏まえれば、何故これほどまでに世間に流通しているのかは明白だと思います。

共感と語彙は相反関係にあります。

物事を具体的に表現しようとすればするほど語彙が必要になりますが、語彙が増えるごとに物事は分別され、世界は分断されていきます。

逆に、言葉を減らせば減らすほど共感性が高まるのです。

全校集会の朝礼で校長先生が語る小難しい話を聞いている小学生と夏フェスの会場で無心にヘドバンしている観客、どちらが共感を感じていると思いますか?

そういうことです。

「愛は地球を救う」は具体性がなにもない文章ですが、言葉の持つ印象だけでそれなりに共感は集められます。

しかし、「具体的には?」と問い詰められるとそうはいかなくなります。

「ライブパフォーマンスで集金したお金で身体障害者のために車椅子を買います」となり「愛と地球はどこいったし」となります。

曖昧な言い回しは語彙力が低いのではなく共感を得るためにあえてそのように表現しているだけなのです。

ここまで書いて思い出したのですが反語彙力の言い回しを変えただけの話でしたね、これ。

閑話休題してもう一つ、言葉の隠喩性にはプログラミングにおける遅延評価のような働きがあります。

遅延評価とはコード記述上では動作が不確定でプログラム実行時になってはじめて動作が確定する挙動のことです。

小説には「行間を読む」行為があります。

文章としては記述されていなくても、描写された状況が別の何かを指し示す隠喩であることが多くあります。

例えば、討論したあとの描写で「彼は不敵な笑みを浮かべながら振り向き去っていった」と書いてあれば「こいつはまだなにか企んでいるぞ」や「こちら側にまだ気づいていない落ち度がある?」といった言葉に表していない別の情報を読者に与えることができます。

しかし、小説はいくらでも自由に紡ぐことができるので、実は彼が何も企んでいなくても、こちら側に落ち度が無くても「不敵な笑み」になんのメタファーとしてのメッセージが仕込まれていなくても、それはそれでありなのです。

伏線を大量に仕込んでも、風呂敷を盛大に広げても、それらがすべて回収されるケースのほうが少ないでしょう。

こういった言葉のレトリックもメタ認知保険として機能します。

あるときは「そんなこと一言も書いてませんよ」と言えるし、あるときは「行間を読めば私の伝えたいことは推測できますよね?」とも言えるのです。

先ほどの例だと「彼がなにか企んでいるなんて書いていませんよ?」と言えるし、「彼が企てを持っていることを不敵な笑みを浮かべさせることで表現している」とも言えるのです。

メタファーを使うことで解釈の遅延評価を行うことが可能になるのです。

言葉を表現したタイミングではなく、その言葉を各々が解釈した時に初めてその言葉の意味が確定するのです。

意味を確定させるのは読み手ですから、書き手は文章の解釈を保留できるのです。

さらに読み手の解釈が気に入らなければ書き手は自分の解釈を押し付けることもできるのです。

我々は無意識のうちにこういったメタ認知保険を駆使しながら言葉のやり取りを行っています。

言葉の意味に一意性があると思い込んでいると、ふとした瞬間に梯子を外されて痛い目にあってしまいます。

言葉がそのまま言葉通りになるのならとっくの昔に愛が地球を救っているはずです。

Tag: コミュニケーション

More entries ...